Maintenance

 

■ leather

・革(サドルレザー)について

サドルレザーは、汚れにくく特別な手入れの必要がない革と言われています。
使い込むことで、柔らかく、革の質が良くなると言う性質があり、アクセサリー同様に、色、質などの変化が 楽しめるのが魅力だと私個人は感じております。

・革のメンテナンスについて

特別なメンテナンスは必要ありませんが、長く付き合うために、最低限やった方が良いことを以下にまとめておきます。
1.表面の埃や汚れを拭き取る
 水に濡らして固く絞った布で、表面の埃や汚れを拭き取る。
 ※ 布に水分が多いと、シミになることもありますので、必ず布は固く絞って使用してください。
2.ブラシッングする
 縫い合わせ部などの埃がたまりやい部分には、軽くブラシッングをして埃を取り除く。
 ※ 表面に傷が付かないよう、毛の柔らかいものをお勧めします。

・カビ防止について

多湿な梅雨時には、天気の良い日に日干しをしてあげると効果的です。
また、濡れてしまった時には、柔らかい布で軽く叩くように水分を取ることをお勧めします。

・オイル塗りについて

通常革製品は、表面がかさついてきて、油分が無くなってきたなと感じた場合に、オイルを塗ってあげます。
通常goro's製品は、オイルが必要かどうかgoro'sで判断してもらい、必要な場合はgoro'sで塗ってもらいます。
なかなか遠方でgoro'sに通えないと言う方は、革表面がカサカサとひび割れたような状態になったら、 ニートフットオイルやミンクオイル等を布に付けて拭き、その後、乾いた柔らかい布等で革の表面の余分なオイルを拭き取ってください。